高く売りたい方へ(仲介売却)broker

  • HOME  >  
  • 高く売りたい方へ(仲介売却)

broker仲介売却とは?

仲介売却とは、不動産会社が売り主様であるお客様から不動産売却の依頼を受け、売却実現に向けた販売活動や買い主様との交渉、契約などをサポートする不動産売却方法です。不動産売却ではもっとも一般的に用いられており、かつ高額売却に期待が持てます。以下では、仲介売却について長野県安曇野市および、大町市、松川市村、池田町、白馬村、小谷村を中心に、長野県全域で不動産売却・買取を手がけるさくら不動産がご紹介します。

「高く売りたい」を叶える仲介売却

「高く売りたい」を叶える仲介売却

不動産売却にはいくつかの手法がありますが、なかでも仲介売却はもっとも高い金額での売却が期待できる手法です。たとえば不動産買取の場合、スピーディーな売却が実現できる代わりに、市場相場に比べて売却金額は低くなります。一方、仲介売却の場合は買い手さえ見つかれば、市場相場に近い価格での売却が実現できます。高額での売却ができれば、住まいの買い替えなど、その後の新生活にも余裕が生まれるでしょう。

ただし、購入希望者を募るという性質上、仲介売却は成立までにある程度の時間がかかります。一般的には3〜6カ月、長ければ1年以上が必要になることも。どうしても買い手がつかない場合は、売出価格を見直す必要もあるでしょう。ただし、価格を見直したとしても、不動産買取よりは高額となるケースが多い傾向にあります。

高額売却実現は適正価格が大切

高額売却実現は適正価格が大切

仲介売却においてもっとも重要となるのが不動産会社選びです。とくに査定時に提出された査定額については、しっかりと目を通してください。もしも地域相場に比べて明らかに高額な額が提示されていたとすれば、注意が必要です。相場に合わない価格で売り出された不動産は買い手がつかないケースも多く、最終的な値下げが避けられません。地域相場に近い適正価格を提示してくれて、かつ数字の根拠までていねいに説明してくれる不動産会社を選びましょう。

仲介売却における媒介契約とは?

仲介売却を不動産会社に依頼する際には、売り主様との間で媒介契約を結ぶことが宅地建物取引業法で定められています。書面には不動産会社がどのような販売活動をするかや、成約に至った際の仲介手数料の金額が記載されています。非常に重要な内容となるため、締結時にはしっかりと内容を説明してもらいましょう。

媒介契約の種類

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、それぞれに特徴が異なります。どの種類を選ぶかによって不動産会社の動きが変わりますので、じっくりと検討しつつ、不動産会社に相談をしましょう。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
契約可能な不動産会社の数 1社限定 1社限定 複数社と契約可
自己取引(※) ×
売り主様への報告義務 1回以上/1週間 1回以上/2週間 任意
REINSへの登録 契約締結から5日以内 契約締結から7日以内 任意

※自己取引:売り主様が、ご自身で見つけた買い主様との間で不動産売買契約を結ぶことです。専属専任媒介契約でのみ限定されます。

REINSとは?
REINSは、全国の不動産物件の情報が網羅的に登録された不動産業界共有のデータベーベースです。国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しています。現在、国内におけるほぼすべての不動産会社が加入しており、会社の規模にかかわらず全社が同じ情報をリアルタイムで共有できます。つまり、REINSに売却対象の不動産物件を登録されることは、全国の不動産会社に対して情報を共有するのと同じことなのです。

仲介売却の流れ

STEP1不動産会社への問い合わせ
仲介売却をご検討中の方は、はじめに不動産会社へ問い合わせを行いましょう。ここでは不動産査定の日程調整が行われるほか、所有不動産に関する簡単なヒアリング(所在地や築年数など)が行われるのが一般的です。
STEP2不動産査定
不動産査定には簡易調査と現地調査の2種類があります。おおまかな査定額を知りたいということであれば、簡易査定を申し込みましょう。この場合、不動産会社スタッフの訪問などはなく、電話やメールのみで回答を得られます。より詳しい査定額が知りたい方は現地調査を依頼してください。不動産会社のスタッフが現地まで足を運び、リフォーム履歴を含めた住まいの状況や周辺環境を踏まえ、詳細な査定額を算出します。
STEP3媒介契約の締結
不動産会社から提出された査定額に納得したら、媒介契約を締結します。なお、事前に売買スケジュールや売買方針に関する打ち合わせが行われますので、その点も契約可否の判断材料としてください。また、不明点等があれば契約締結前に納得できるまで説明を求めましょう。この際に、ていねいな対応をしてくれるかどうかも、不動産会社を見極めるポイントになります。
STEP4販売活動開始
媒介契約の内容に合わせて販売活動が開始されます。この際には、購入希望者様が内見を希望されることも多いので、売り主様のご協力も必要です。好印象を持ってもらえるよう、室内の整理整頓や設備の清掃・メンテナンスを心がけましょう。なお、販売活動中には新聞チラシの折込やポスティングなどが行われます。これによって周囲の人に不動産売却が知られてしまうのが困る方は、事前に不動産会社へ相談をしてください。プライバシーを守った状態で販売活動を行うことも可能です。
STEP5売買契約締結
購入希望者様が不動産購入の意思を示したら、そこから不動産会社を介した交渉がはじまります。価格や引き渡し時期などの条件がまとまり、売り主様と買い主様との間で合意が取れたら売買契約が結ばれます。
STEP6お引き渡し準備

売買契約が締結されたら、お引き渡しの準備をお願いします。代表的な準備項目は以下です。

  • 必要書類の準備
  • 公共料金の精算
  • 住宅ローンの抵当権抹消手続き
  • 引っ越し準備 など

なお、引っ越し先が決まっていない場合は不動産会社に相談をしてみましょう。

STEP7お引き渡し
売買契約の書面に記載された日程でお引き渡しが行われます。カギや関係書類を買い主様に引き渡してください。その後、買い主様から売り主様へと代金が支払われ、仲介売却が完了します。